高一です。やや長文すいません。 僕は幼稚園から中学までずっと

高一です。やや長文すいません。 僕は幼稚園から中学までずっとサッカーをやってきて、本当に多くの仲間ができました。そして高校生になってもサッカーをやろうと思ったら、その高校のサッカー部がとにかくうるさい奴ばかりで、とてもこの人達とサッカーをしたいとは思えませんでした。そういう理由で、その時将棋も好きだったことから、将棋部に入ることにしました。 それから将棋はどんどん強くなり、将棋よりも面白いゲームはないと感じるくらい楽しめるようになりました。しかし、小・中学の時のサッカーの友達は遠征に行ったり、チームメイトやJKとショッピングモールで遊んだりしていました。そういうのをLINEなどのSNSで見るたびに僕は青春を捨てているような孤独な感覚に陥ります。おそらく多くの人と僕を今まで

繋げてくれていたサッカーを辞めて、突然孤独な将棋の世界に飛び込んだからなのかなと思います。 皆さんもこのような経験はありますか?また、その時どうやってこういう心情と向き合っていましたか?こんな青春を送って後で後悔しそうで非常に怖いです。

うちの高2の息子と全く一緒なので驚きました。 幼稚園からサッカーで高校から将棋部です。将棋も一時期打ち込んでかなり強くなりました。個人ではAリーグにも上がりました。 確かに仲間は大集団という中学までの環境と違って友達作りは半ば諦めていたところもあるようです。中学からの親友も他の部活で忙しかったですし。 ただ高2くらいから学業を優先するため部活を辞める子も ちらほら出てきたりもします。テスト休みには何かと誘われて出かけますし、クラスでも運動部の子と気が合って修学旅行も大いに楽しんだようです。 サッカー部に入っていたとしても表面上活動的で楽しそうでも内部はドロドロで辛かったという事もあります。 何を選択しても後悔はあるものです。 逆に言えば何を選択しても楽しく過ごす事もで��

�るはずですよ。

セブンネットで予約した商品は当日配達されますか?

ずいぶん予約しましたが 全部 当日到着しているので大丈夫だと思います。